これでアナタのパソコンも大丈夫!?重くなった時の対処法

まずはHDDの中を整理してみよう!

ふとしたことから突然パソコンが重くなったと感じたことは、パソコンを扱ったことがある人なら誰しも経験があることでしょう。パソコンが重くなる要因は故障なども含めて多様ですが、その大半はHDD(=ハードディスク)が散らかっていることが原因です。
HDDとは、言わばパソコンが参照する知識の本棚です。この本棚が散らかっていると、パソコンが知識を参照するのに時間がかかってしまうために重くなってしまうのです。これに対処するために、デフラグを行って定期的にHDDの中身を整理しておくようにしましょう。デフラグのかけ方はパソコンによって様々ありますが、一般的にはデフラグを行いたいHDDのプロパティからツールを開いて、「最適化」という項目を選べば実行することができます。

ツールを使ってレジストリを掃除してみよう!

HDD以外でパソコンが重くなる原因としては、レジストリと言われるソフトの起動について記したプログラムが原因となっている可能性があります。レジストリのクリーンアップを行っていないと、アンインストールしたソフトについても読み込むようにプログラムが書き込まれたままになっていることが多いため、ソフトを起動した際などに読み込みと失敗を何度も繰り返してしまって、結果重くなってしまうのです。
フリーで使用していないソフトをレジストリから外すようなツールが配布されているので、そういったソフトを使ってクリーンアップしてみると劇的にパソコンの動きが軽くなる場合があります。しかし、レジストリの改変は一歩間違うとパソコンの起動そのものができなくなってしまうような重大な故障に結びついてしまうこともあるため、慎重に行う必要があることを覚えておきましょう。